平成29年度 公立甲賀病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 439 136 274 412 412 621 1339 1614 1284 328
年代別に傷病の傾向を見てみますと
当院の入院患者さんは、60歳以上の割合が全体の66.6%となっております、前年比336人の増です。
80歳以上が全体の23.5%になり、こちらも前年比64人の増で、高齢者の入院割合が年毎に多くなっています。
80歳以上では内科系では心不全・誤嚥性肺炎での入院が多く、外科系では白内障・大腿骨頸部骨折の入院が多いです。
60歳代と69歳代までの入院は43.1%になり、前年比272人の増で、伸びの大きな年齢層です。
60歳代と70歳代でも外科系は白内障が多く、内科では下部消化管の良性疾患の入院が多いです。
20歳代から50歳代までの入院割合は全体の16.0%です。
20歳代から50歳代までは婦人科疾患が多いです。下部消化管の良性疾患の入院も多いです。
10歳代以下は全体の8.4%で、前年比38人の減です。
10歳代以下は新生児疾患が多くなり、次に気管支炎や上気道炎が多いです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 115 13.71 10.61 2.61 73.94
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 114 25.19 17.71 2.63 79.44
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 91 37.87 20.83 10.99 83.79
050050xx99100x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置2なし 定義副傷病なし 69 3.91 3.03 2.90 64.42
050050xx02000x 狭心症,慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし,1,2あり 処置2なし 定義副傷病なし 61 7.93 4.62 0.00 68.74
(小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む)内視鏡的消化管止血術等)
 下血あるいは血便がみられ、諸検査結果より出血源として小腸か大腸が疑われた場合、小腸内視鏡を経口的あるいは経肛門的に挿入し出血源を検索する事があります。静脈麻酔で眠って頂いている間に検査を開始、X線透視下で内視鏡の進み具合を確認しつつ少しずつ内視鏡を進めてゆき、腸管内を観察します。出血部位が見出せたならクリッピング・通電焼灼処置などにより止血処置を行います。


(肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎)
 咳・熱・息苦しさ・痰などの症状で来院された患者様に診察を行い、上記疾患が疑われた場合には、胸部レントゲン検査を行い、必要に応じて胸部CTも行って診断を確定します。一方、原因菌の検索として喀出された痰を検体として培養検査を行うほか、血液・尿検査による方法も用います。
 原因菌が特定できたならそれに対する有効な抗菌薬を選択します。菌の特定までに時間がかかりそうなら原因菌の可能性がある種々の菌いずれにも有効と考えられる抗菌薬を用いて治療を開始します。呼吸困難や低酸素血症がみられるなら入院は必須ですし、倦怠感が強い、あるいは食思不振が大変強い場合なども入院のうえ治療を行っています。症状に応じ、酸素吸入、輸液(点滴)なども行ってゆきます。


(狭心症)
心臓は全身に血液を送り出すポンプの働きをしています。その心臓の筋肉に酸素と栄養を送っている血管が冠動脈です。冠動脈は心臓の出口からすぐにわかれて、心臓の周囲から包み込むように走っています。この冠動脈が動脈硬化で狭くなったり、痙攣を起こすことで血液の流れが悪くなり、虚血を引き起こし、胸痛や、胸部圧迫感などの症状が現れます。冠動脈は心臓CTまたは心臓カテーテル検査で調べることができます。今年4月より心臓カテーテルシネ装置が新しくパイプレーンになりました。これまでは1方向からの透視でしたが、2方向から同時に透視することで、より複雑な病変の治療が可能になりました。また、同時に撮影することで、より複雑な病変の治療が可能になりました。また、同時に撮影することで、造影剤の減量ができ、従来の1/2から2/3程度の使用量で検査可能です。さらに被爆も新装置では低減され、従来の1/2から2/3程度の放射線量で検査と治療ができます。(腎機能の低下した患者様にも適応が広がりました)。心臓カテーテル検査・治療は可能な限り僥骨動脈(手首)からのアプローチで行っています。患者様の苦痛も少なく検査後はすぐに歩行が可能です。診断カテーテル検査で狭窄病変があれば、引き続き同時に治療を行うようにしています。ただし、慢性完全閉塞などの複雑な病変は、診断カテーテル検査と別日に治療の予定を組んでいます。治療は、バルーンが中心になります。ほぼ全例で血管内超音波検査(IVUS)を行い、血管の状況を多方面から評価し治療しています。ステントの治療の場合に従来型のステントでは再狭窄率が20%以上と高率でしたが、再狭窄を予防する薬剤が含まれている薬剤溶出性ステントを使用し、再狭窄率は数%程度に減少しています。虚血性心疾患の検査は、心臓カテーテル検査が中心となりますが、心臓CTの導入により、外来でも十分評価することが可能になりました。当院でも年間250例の心臓CTを施行しております。


(心不全)
心臓は全身の臓器へと血液を送り出すポンプの役割をしています。さまざまな原因で心臓ポンプ機能を十分果たせなくなった場合、体に症状が現れた状態を心不全といいます。心臓の機能がゆっくり低下している場合、心臓が大きくなったり、拍動を速くしたりすることで、低下したポンプ力を補う機構(代償機構)が働くため、すぐには症状に現れません。しかし、代償機構も長期間続くと心臓にかえって悪影響を及ぼすようになり、ついには症状が現れてしまうのです。このように、心臓の機能低下が徐々に進行し、症状が長期間続く状態を慢性心不全といいます。一方で、心筋梗塞などが原因で、突然に症状が現れるものを急性心不全といわれています。慢性心不全は高血圧や心筋梗塞などが原因となるため、高齢者で発症しやすく、患者数は増加しています。心筋の病気や弁膜(心臓の血流を仕切る弁)の異常も原因となります。日本の高齢化は著しく、5人に1人が75歳以上になるという2025年問題が目の前に迫っています。甲賀地区も例外ではなく、高齢者の心不全が爆発的に増加することが予想されます。それを見越して、昨年心不全学会から高齢者心不全の治療に関するステイトメントが発表されました。高齢者の心不全の特徴としては、
1) コモン・ディージーズであり、その絶対数が更に増加してゆく
2) 根治が望めない進行性かつ致死性の悪性疾患である。
3) その大半が心疾患以外の併存を有することである。
の、3点に要約されました。つまり、高齢者心不全のありふれた疾患であると同時に癌のように死に至る悪性病態であると宣言しています。入院を繰り返すことも多く、急性増悪に至らないように、症状の安定しているときからの心不全の管理が重要になります。内服加療のような医療的側面と同様に、患者の生活の場、生活スタイルに軸を置いた介入が必要です。当院では医師だけでなく、心不全認定看護師を含む看護師、栄養管理士、薬剤師、理学療養士等のコメディカルが心不全チームとなり、一丸となって対応しております。心不全チームが発足して3年近くになりますが、今では週1回の心不全カンファレンスを中心にチームで心不全入院患者さんに介入しています。また滋賀の心不全チームの研究にも積極的に参加し、発表や他病院との交流も深めています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫,胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 72 7.03 7.40 0.00 57.29
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 38 5.58 5.56 0.00 31.87
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 処置2なし 19 5.68 6.37 0.00 54.84
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 19 9.32 9.88 5.26 43.05
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除,亜全切除又は悪性腫瘍手術等 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 18 15.44 15.61 0.00 72.00
当院外科では、成人に対する腫傷・一般外科手術を中心に診療を行っています。
成人では、消化管、肝胆膵領域の腫瘍性疾患に対して予定手術を行い、その他一般外科疾患に対しては予定手術のみならず、緊急手術にも十分対応する体制を整えています。
最も多い手術のうち、3つは鼠径ヘルニア修復術、虫垂炎手術、胆石症手術です。
鼠径ヘルニアとは、足の付け根の部分(鼠径部)から、お腹の中にあるはずの腹膜や腸が皮層の下に出てくる下腹部の病気です。ヘルニアは自然には治らず、基本的には全員の方に手術加療をお勧めしています。
虫垂炎とは、虫垂に化膿性の炎症がおこる病気です。虫垂は盲腸(大腸の一部)の先に突き出た5-9cm程度の突起物です。軽症であれば、抗生物質による保存的治療でほとんど治りますが、重症や再発した場合に関しては手術による切除が必要となります。
胆嚢は肝臓でつくられた胆汁を一時的にためておく袋のような臓器です。胆汁の流れがよどんで、流れが悪くなると泥となり、それが溜まっていくと石ができてしまい、胆石となってしまいます。それが原因で一般的には右上腹部や背中の痛みが生じたり(胆石発作)、胆嚢に細菌感染、炎症を来してしまう(急性胆嚢炎)ような場合は手術加療が必要となります。
胆嚢摘出術に関しては、ほぼ全例に対し、傷が小さな腹腔鏡下手術で行っており、低侵襲な手術を心掛けています。また、虫垂炎や鼠径ヘルニアに関しても、ほぼ千症例に対し、腹腔鏡下手術を施行しており、根治性だけでなく美容性や早期退院、早期社会復帰の手助けになれるよう協力します。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑,後極変性 手術あり 処置1あり 処置2なし 15 9.80 7.31 0.00 70.87
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 12 7.75 6.63 0.00 70.87
020110xx97xxx0 白内障,水晶体の疾患 手術あり 片眼 7 6.71 2.85 0.00 74.00
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり 7 2.00 3.30 0.00 75.57
020110xx97xxx1 白内障,水晶体の疾患 手術あり 両眼 3 19.33 5.90 0.00 75.00
当院では、全例で入院して頂き、白内障手術をメインに年間500件程度の手術を施行しています。また、硝子体手術に関しては、大学から非常勤講師に来て頂き、網膜剥離などの緊急疾患を除いた黄斑円孔や網膜前膜を中心に手術を施行しています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1あり 処置2なし 78 3.36 3.59 0.00 66.77
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 42 16.31 11.99 0.00 71.62
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 処置2なし 34 14.38 9.76 0.00 65.50
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 22 10.86 14.60 0.00 72.82
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 処置2なし 定義副傷病なし 20 9.40 10.04 0.00 37.85
当院では肺癌診療が中心となりますが、以前までは開胸手術で行い、手術侵襲も大きく、痛みも強かったのですが、現在は胸腔鏡を用いた痛みの少ない手術が可能となっております。ほとんどの肺がん手術で胸腔鏡下手術を行っています。そのために手術後の痛みも少なく回復も早くなっております。また当院では手術以外の、化学療法、放射線治療、緩和ケア医療と、すべての治療が可能であり、最適な治療を提供していきたいと思います。肺癌以外の治療でも気胸等、当然ながら胸腔鏡下手術を行っております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 52 8.96 6.70 0.00 30.00
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 37 11.08 9.75 0.00 33.22
120220xx02xxxx 女性性器のポリープ 子宮内膜掻爬術 35 1.26 2.26 0.00 48.43
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 腹腔鏡によるもの等 31 7.97 6.37 0.00 49.58
120170xx99x0xx 早産,切迫早産 手術なし 処置2なし 22 23.05 20.41 9.09 30.64
 2014年4月1日より新病院になった当院産科診療の特徴は、フリースタイル分娩です。
 総合病院でありながら、2つある分娩室にはLDRベッドと畳スペースの両方を備えており、分娩経過が問題ない妊婦さんについては、自由に好きな姿勢をとりながら分娩ができる体制を整えています。
 出産後は産褥患者用に個室を用意しており、満室の場合は出産日時の順になりますが、個室で母児同室にてゆっくり過ごしていただけます。
※分娩経過や分娩が集中した場合には希望に添えないこともありますのでご了承ください。
 妊婦健診中には適時助産師が妊娠経過の相談や指導を行い、安心して過ごせるように配慮しています。
 また分娩時や入院中だけでなく、出産後の相談のための助産師外来も行っており、当院で分娩した方は産後の種々の相談も気軽に助産師に相談できますので遠慮なくご連絡ください。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 18 4.33 7.23 0.00 51.06
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 処置2なし 14 12.07 9.20 0.00 57.14
030230xxxxxxxx 扁桃,アデノイドの慢性疾患 13 8.77 8.01 0.00 25.23
030250xx970xxx 睡眠時無呼吸 手術あり 処置1なし 8 8.38 8.31 0.00 9.13
100220xx03xxxx 原発性副甲状腺機能亢進症,副甲状腺腫瘍 副甲状腺(上皮小体)腺腫過形成手術 副甲状腺(上皮小体)摘出術等 7 17.00 8.63 0.00 67.29
当科では耳鼻咽喉科領域の多種多様な疾患の入院治療を行っています。
甲状腺腫瘍、頭頸部腫瘍、めまい、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、耳疾患、睡眠時無呼吸症候群など、幅広く診療しております。
めまいは確定診断がなかなかつかないことがあり、なぜめまいが生じたのか?このよう
なめまいがまた起きてしまうのではないか?という患者さんの疑問や不安に応えられないまま時間経過で治ってしまうこともありますが、画像診断、平衡検査、聴力検査等を組み合わせ、患者さんに満足いただける診断治療を心がけたいと考えています。
アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎等の鼻疾患につきましては、正確な画像診断、鼻腔ファイバーでの所見はもちろんですが、内服などの保存的治療で改善が得られない場合は鼻内視鏡手術も積極的に行なっております。
耳鼻いんこう科で対象としている頭頸部腫瘍の部位は、耳、鼻・副鼻腔、口腔、舌、咽頭(上咽頭、中咽頭、下咽頭)、喉頭、頸部食道、唾液腺(耳下腺、顎下腺、舌下腺、小唾液腺)、頸部、甲状腺、副甲状腺などです。当診療科では、自覚症状に応じた適切な検査と診断を行うとともに、自覚症状がない部位についても、丁寧な診察を行うことで、疾患の早期発見を心がけています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 90 5.96 6.18 3.33 0.00
040090xxxxxx0x 急性気管支炎,急性細気管支炎,下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 67 4.96 5.94 0.00 1.07
040100xxxxx00x 喘息 処置2なし 定義副傷病なし 30 4.80 6.32 0.00 3.13
030270xxxxxxxx 上気道炎 23 3.52 4.84 0.00 2.17
040070xxxxx0xx インフルエンザ,ウイルス性肺炎 処置2なし 21 3.76 6.03 0.00 2.48
入院実績について

 当院小児科では、肺炎、気管支炎等の一般市中感染症や喘息症例などの呼吸器疾患の入院対応を多く行っております。また尿路感染症などの様々な感染症や川崎病などの急性期疾患の対応のみならず、食物アレルギー患者についても食物負荷試験を行い多数管理を行っております。基礎疾患として小児循環器疾患などを有している患児の感染症の対応なども積極的に行っております。ただし小児科医マンパワー不足、施設症例経験不足から重症症例においては高次医療機関へご紹介することがあります。
 既述の乳幼児~小児症例のほか、当院では産科における出生数も多く、軽症から中等症の新生児症例の対応も行っております。これまでは酸素投与だけでは対応困難な呼吸障害症例は搬送を余儀なくされておりましたが、Nasal High-flowシステムを導入し、中等症の呼吸障害症例も積極的に対応を行っていっております。

 当院では一部の疾患については他科との連携をとりつつ診療も行っております。ただし新生児~乳幼児を中心とした小児外科疾患の対応は難しく、他院小児外科にご紹介しております。
 
 対応可能症例の制限はありますが、地域の患児を当院で治療し、ともに看護していただくご家族への負担がより少なく治癒できるよう、患児・家族のことを考えた診療を進めていくよう努めてまいります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 65 50.11 27.09 24.62 83.06
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 25 31.44 19.94 24.00 76.76
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折,脱臼 その他の手術あり 定義副傷病なし 23 30.96 9.49 0.00 46.96
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 22 7.50 5.21 0.00 46.32
160835xx01xx0x 下腿足関節周辺骨折 骨折経皮的鋼線刺入固定術 前腕,下腿等 定義副傷病なし 22 61.50 22.27 4.55 54.14
 高齢化による骨粗鬆症は様々な骨折をもたらします。入院(手術+リハビリ)を必要とする大腿骨頸部骨折のほか手関節や肩関節周囲の骨折、さらには腰椎や胸椎の骨折もあります。中でも腰椎・胸椎の骨折は手術に至るケースは少ないものの、なかなか、すっきり痛みが取れず、日常生活の活動レベルがどうしても下がってしまうことも多いようです。その意味で健康寿命を左右する大きな疾患と思っております。脊椎の骨折は入院加療を余儀なくされることも多く、その場合は、積極的なリハビリ介入が必要です。当院では地域包括ケア病棟や回復期リハビリ病棟を利用し、早めのADL回復、在宅復帰を目指します。
 又、膝関節や股関節に対する人工関節置換術を受けられる患者さんも多いですが、その場合は、おおよそ、1~2ヶ月以内で在宅復帰が可能です。今まで痛みなどのためにできなかったことができるようになり、活動範囲も広がる積極的な治療です。又、入院することはあまり多くありませんが、当院では関節リウマチの治療にも力を注いでおります。新しい生物製剤7種類を揃え、必要に応じて駆使しております。関節リウマチは合併症も恐いですが、当院は、内科や呼吸器科も充実しており、合併症対策にも、細心の注意を払っております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 処置2なし 定義副傷病なし 28 2.36 9.68 0.00 77.54
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 12 21.67 19.10 16.67 76.92
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 頸部 脊椎固定術,椎弓切除術,椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む) 後方又は後側方固定等 処置1なし 9 16.78 22.08 0.00 57.33
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 8 3.25 7.34 12.50 62.75
010070xx02x0xx 脳血管障害 経皮的頸動脈ステント留置術 処置2なし 7 5.71 10.05 0.00 75.71
  脳神経外科では脳から脊髄神経まで、外科治療が必要となる神経に関する病気を総合的に扱っています。具体的に挙げますと、
① 脳の領域では、脳卒中(脳出血、くも膜下出血、血管閉塞)、頭部外傷や脳腫瘍を、
② 脊髄の領域では、頚椎から腰椎までの椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、靭帯骨化症、などを治療しています。

「脳神経の外科」と言っても、これらの病気が判明したから直ちに入院のうえ手術をする、という訳ではありません。薬物治療や放射線治療など手術以外の方法で治療する、MRなど画像検査で定期的に追跡していき増大したら手術する、カテーテル(細い管)を用いた手術(血管内手術)で治療してしまう、というような場合も少なくありません。
 当科での入院治療実績は別表のとおりです。
基本的な考え方は病変を確実に治療でき、かつ身体への負担がより小さい(低侵襲)治療法であること。それは結果的に入院期間の短縮にもつながります。
適切な治療法を選んで患者さんに提案し、納得できるように相談しながら治療を進めています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 21 9.24 8.95 0.00 57.57
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置2なし 12 11.00 8.50 0.00 78.42
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 12 17.58 11.73 0.00 64.50
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)等 処置1なし 8 4.38 4.14 0.00 44.50
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 処置2なし 定義副傷病なし 8 7.38 3.58 0.00 61.88
 皮膚科の入院の多くは①帯状疱疹②蜂窩織炎が占めています。
① 帯状疱疹は多くの患者さんが罹患される病気ですが、ほとんどの場合で外来での加療が可能です。髄膜炎の併発の可能性や、神経麻痺が残る可能性のある顔面の帯状疱疹や疼痛が強い場合に入院をおすすめしています。
② 蜂窩織炎は細菌感染が皮下におこり、腫脹してくる病気です。あまり動かさない方がよいこと、点滴治療が必要な場合に入院をおすすめしています。
③ 手術においては植皮・皮弁が必要な場合、ドレーン留置が必要な場合に入院手術をしています。
④ その他でよく入院されるのが水疱性類天疱瘡という病気です。自己免疫疾患で全身に水疱が多発します。治療には大量のステロイドが必要であることが多く、病勢の強い場合、長期の入院が必要となってしまいます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 57 9.63 7.31 1.75 74.72
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 21 10.67 9.73 4.76 70.76
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 19 8.26 12.34 0.00 60.32
110060xx01x0xx 腎盂・尿管の悪性腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 処置2なし 10 15.30 13.62 0.00 69.90
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 定義副傷病なし 7 33.14 14.59 14.29 80.00
 近年、高齢化人口の増加・食事の西欧化などの影響もあり、前立腺癌患者さんが急速に増加しております。また、前立腺癌の腫傷マーカーであるPSAの普及とともに前立腺癌疑いの精査目的で泌尿器科受診を勧められる患者さんも増加しております。前立腺癌の確定診断には、病理組織検査が必要になります。一般に、経直腸的前立腺針生検が行われますが、発熱・血尿・直腸出血などの合併症があります。当科では、1泊2日で生検検査を施行し、合併症にも即座に対応できる体制を整えております。年間約100件の経直腸的前立腺針生検を施行しております。
肉眼的血尿により見つかることの多い膀胱癌に対しては、内視鏡治療、根治的膀胱全摘除術、尿路変向術、膀胱内抗がん剤注入療法、進行がんや手術前後の抗がん剤治療まで、患者さんに応じた集学的治療を提供できる体制を整えております。また、尿路変向術として手術侵襲の少ない一側並列尿管皮膚瘻の有用性を報告し、積極的に施行しております。
高齢化とともに、排尿障害で泌尿器科外来を受診する患者さんの数は急速に増加しております。当科では、外来での超音波検査や尿流量測定検査による排尿状態の評価、薬物治療、前立腺肥大症があり薬物治療の効果が十分ではない患者さんに対する内視鏡治療(経尿道的前立腺切除術)まで、個々の患者さんに応じた治療の選択を心がけております。内視鏡治療(経尿道的前立腺切除術)は年間約30件施行しております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 50 10 10 19 4 28 1 7
大腸癌 24 23 43 31 3 52 1 7
乳癌 19 13 5 1 0 23 1 7
肺癌 37 9 25 52 61 71 1 7
肝癌 9 3 3 2 7 28 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
癌の患者数と病気分類について
 我が国におけるがんの患者さんは年々増え続けており、国立がん研究センターによれば平成28年に新しく診断される我が国のがん患者さんの総数は初めて百万人を超えたと推定されています。
表はがんの種類ごとに入院されたかたがたの分類をお示しします。ステージIまたはIIについてはリンパ節や遠隔臓器に転移のないかたであり、そのほとんどが治癒を目的とした入院患者さんです。最近では内視鏡や腹腔鏡、胸腔鏡で腫瘍切除が行われることが増え、痛みも少なく早期に退院できる方がふえています。ステージ2で再発リスクが高いと考えられる方には薬物による抗がん治療が行われることがあります。
ステージIIIは原発の腫瘍の大きさや深さにかかわらず、局所のリンパ節あるいは近接領域のリンパ節に転移のある患者さんです。これらの方に関しては手術に加え薬物療法を行う方がほとんどです。従来のいわゆる抗がん剤のほかに、最近ではそれぞれのがんに有効な分子標的薬やホルモン治療剤、免疫治療剤が使用されるようになってきています。 がんは臓器別の種類だけではなく、組織型や
遺伝子の変異、それに伴う表現型の差異などを考慮した治療が個々に決められることになることが多く、最近ではテーラーメイドがん治療ということばが多く使われるようになってきました。
 ステージIVとは遠隔臓器に転移を有する、あるいは周辺臓器へのがんの浸潤のある方を示します。治療後に再発をきたした方も同様です。がんの種類によって患者数に差があります。再発は以前に治療されてから数年が経って明らかになることが多く、癌の治療が行われることが多く見受けられます。私どもはたとえ遠隔転移があったり再発をきたしてもあきらめずに治療を行いますが、残念ながら治療に奏効しない場合には痛みや倦怠感などの症状を和らげるための緩和ケアを行うことにしており、受け入れ先として緩和ケア病棟もあります。
 がんは増え続けておりますがその治療成績も年々よくなってきました。私どもは最新の治療情報を国内外から取り入れながらガイドラインに沿った治療を行ってまいります。よろしくお願いいたします。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 32 15.06 56.75
中等症 124 20.90 81.20
重症 39 37.69 84.00
超重症 7 31.71 85.57
不明 0
 市中肺炎とは肺炎のうち病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎のことを指します。
そして入院時の重症度に応じて0~5の6段階に分類されます。そのための指標として

① 年齢(Age); 男性70才以上、女性75才以上
② 脱水(Dehydration); BUN 21mg/ml 以上または脱水あり
③ 呼吸(Respiration); SpO2(酸素飽和度) 90%以下
④ 意識(Orientation); 障害あり
⑤ 収縮期血圧(Pressure); 90mmHg 以下

当てはまる項目の合計数により重症度が分類されます。5項目が全て当てはまれば一番重症となり超重症に分類されることになります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 139 51.4 75.9 10.1
その他 12 120.6 75.4 8.3
 当院では2名の日本脳卒中学会専門医、1名の日本脳血管内治療学会専門医を中心に脳卒中救急診療を行っており、日本脳卒中学会認定教育施設でもあります。
 脳梗塞は主要脳血管の閉塞・狭窄により、脳組織への血液供給が不十分となる(虚血といいます)ために脳細胞が死滅し様々な機能障害が生じる疾患ですが、その病態は以下のように分類されます。
1.アテローム性血栓症:糖尿病や脂質異常症、高血圧といった生活習慣病を背景に、脳動脈、脳実質外動脈(頚動脈など)の血管内皮に脂肪や炎症細胞が蓄積して粥腫(アテロームといいます)が形成され、動脈が閉塞し虚血が生じる病態です。食の欧米化に伴い日本でもアテローム血栓症が増えています。急性期治療はアテローム除去が可能な場合は手術やカテーテル治療が選択され、不可能な場合には血栓溶解薬、抗凝固薬、抗血小板薬、脳保護薬などの内科的治療を行います。
2.心原性脳塞栓症:心疾患により心臓内に血栓が形成され、血流により運ばれた血栓が脳血管を閉塞する脳梗塞です。最も多い心疾患は心房細動です。心房細動は高齢者に多く、高齢化に伴い心原性脳塞栓症が増えています。アテローム性血栓症と比較して、発症が急激で重症例が多いのが特徴です。治療はアテローム性血栓症とほぼ同じですが、抗血小板薬は無効です。発症早期(4.5時間以内)には血栓溶解療法が有効です。予防が重要であり、心房細動がある方で、抗凝固薬により60%程度脳梗塞発症が減らせます。近年、使いやすい抗凝固薬が開発され、今後心原性脳塞栓症発症減少が期待されています。
3.ラクナ梗塞:主に高血圧を背景に非常に細い脳血管が固くなり狭窄するために生じる小梗塞です。軽症例が多いですが、部位によっては進行したり再発する場合があります。画像検査では検出できないほど細い血管の障害ですので点滴と内服治療が中心になります。以前は日本で最も多い病型でしたが、近年は降圧治療により患者数は減少傾向です。ただし、高血圧を十分にコントロールしないと脳出血を起こす危険も高く注意が必要です。
4.その他:モヤモヤ病という脳血管が徐々に狭窄していく原因不明の疾患、血管壁が裂けて脳梗塞が生じる動脈解離、脳血管が炎症を起こして生じる脳梗塞、がん患者に生じる脳梗塞、などが知られています。原因不明の脳梗塞も10%から25%ほどあるとされています。
5.一時的に脳機能障害が生じてまた回復するような病態を一過性脳虚血発作(TIA)といいます。TIAは脳梗塞の前兆と考えられ、48時間以内に10%の方が脳梗塞を生じます。近年ではTIAを脳梗塞と同等とみなし、積極的に治療を開始することがガイドラインでも推奨されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 310 0.38 1.25 0.01 64.00
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 100 2.81 17.44 0.07 77.67
K654 内視鏡的消化管止血術 49 3.06 11.42 0.01 71.24
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 48 1.10 4.47 0.00 69.08
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 41 0.85 7.48 0.00 73.70
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)

内視鏡的粘膜切除術は、内視鏡の先端部から処置具を出し消化管粘膜にある病変を切り取る処置です。
下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)を行い、内視鏡的粘膜切除術が可能な大きさ・形態のポリープを発見した際に、待機的あるいはその場で同術を実施します。患者さんの止血能などをあらかじめ検査し、危険なく切除術ができる状態どうかを確認しておいた上で切除を実施する事になります。切除術後は基本的には絶食のまま一泊入院をして頂き、翌朝までの間に後出血が生じないかを観察、異常がなければ翌日午前の退院としています。


内視鏡的消化管止血術

吐血・下血あるいは血便の際、血管確保・輸液などを行い血圧や脈拍などの維持・安定化を図りつつ、緊急内視鏡検査を行います。症状・所見に応じ上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)を行うべきか下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)を行うべきかを判断、該当する内視鏡観察を行い、緊急止血すべき病変が発見されれば、クリッピング・通電焼灼・熱焼灼などの止血法を駆使して止血術を実施、止血が得られるまで対処します。処置後は、ほとんどの場合はそのまま入院となり、絶食にて経過を観察、さらに必要な治療を後日追加してゆくこととなる場合が多いです。


内視鏡的胆道ステント留置術

 膵癌・胆管癌などにより胆道に狭窄や閉塞をきたしていると、黄疸が生じ、続いて諸臓器の機能障害が現れ易くなります。残念ながら原疾患を手術などにより取り除けない場合でも、この黄疸の制御をすることは患者さんの生活レベルを良くし、予後に良い影響を与えます。
 こういった場合の黄疸の制御には、ステントと呼ばれる、合成樹脂や金属でできたストロー様の器具を、狭窄・閉塞した部位の胆道の中に留置する方法が有用です。静脈麻酔で眠って頂いている間に経口的に内視鏡を挿入、十二指腸にある胆道の出口から内視鏡を通じてステントを滑り込ませて必要な部位に留置します。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的) 1 0.00 3.00 0.00 3.00
 乳幼児では異物誤飲などの事故が多いですが、体格の制限はありますが、対応可能と判断すれば、消化器内科に依頼し内視鏡で異物除去処置も行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 82 2.02 4.78 0.00 58.32
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 44 1.29 2.90 0.00 64.38
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 39 0.79 3.79 0.00 31.41
K6335 鼠径ヘルニア手術 24 1.83 2.66 0.00 76.20
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 19 1.10 3.57 0.00 54.84
  当院外科では、成人に対する腫傷・一般外科手術を中心に診療を行っています。
 成人では、消化管、肝胆膵領域の腫瘍性疾患に対して予定手術を行い、その他一般外科疾患に対しては予定手術のみならず、緊急手術にも十分対応する体制を整えています。
 最も多い手術のうち、3つは鼠径ヘルニア修復術、虫垂炎手術、胆石症手術です。
 鼠径ヘルニアとは、足の付け根の部分(鼠径部)から、お腹の中にあるはずの腹膜や腸が皮層の下に出てくる下腹部の病気です。ヘルニアは自然には治らず、基本的には全員の方に手術加療をお勧めしています。
 虫垂炎とは、虫垂に化膿性の炎症がおこる病気です。虫垂は盲腸(大腸の一部)の先に突き出た5-9cm程度の突起物です。軽症であれば、抗生物質による保存的治療でほとんど治りますが、重症や再発した場合に関しては手術による切除が必要となります。
 胆嚢は肝臓でつくられた胆汁を一時的にためておく袋のような臓器です。胆汁の流れがよどんで、流れが悪くなると泥となり、それが溜まっていくと石ができてしまい、胆石となってしまいます。それが原因で一般的には右上腹部や背中の痛みが生じたり(胆石発作)、胆嚢に細菌感染、炎症を来してしまう(急性胆嚢炎)ような場合は手術加療が必要となります。
 胆嚢摘出術に関しては、ほぼ全例に対し、傷が小さな腹腔鏡下手術で行っており、低侵襲な手術を心掛けています。
 また、虫垂炎や鼠径ヘルニアに関しても、症例に応じて腹腔鏡下手術を施行しており、根治性だけでなく美容性や早期退院、早期社会復帰の手助けになれるよう協力します。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕・大腿) 71 2.73 43.09 0.17 78.83
K0462 骨折観血的手術(前腕・下腿・手舟状骨) 55 2.92 36.85 0.01 52.94
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕・下腿) 18 1.38 5.05 0.00 37.50
K0811 人工骨頭挿入術(股) 15 4.73 45.53 0.05 77.40
K0463 骨折観血的手術(鎖骨・膝蓋骨、手(舟状骨を除く)、足、指(手、足) 12 1.25 25.25 0.00 49.66
 高齢化社会の象徴としての大腿骨頸部骨折は、日本の抱える大きな課題とも言えましょう。当院でも患者さんの数も手術の件数も最も多いのが大腿骨頸部骨折です。できる限り、骨折前の状態にまで戻して上げたいということが我々の願いです。そのためには、可能な限り、早く手術を受けられるように、かつ、全身状態が良い状態で安全に手術が受けられるように、更には、回復期リハビリ病棟や地域包括ケア病棟を利用して、手術後のリハビリを入念に行って、自宅復帰を目指しております。また、関節機能を損なう関節内骨折も積極的に取り込み、早期リハビリテーション等を行なって、ADL向上を目指します。当院は救急指定病院でもありますので、交通事故、労災事故も含め、上下肢・脊椎等、あらゆる外傷の手術を行っております。
 又、上表には記されておりませんが、股関節や膝関節を中心とした変形性関節症に対する人工関節置換術等も相当数行っております。脊椎疾患も積極的に手術治療をしております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 35 0.14 3.22 0.02 77.31
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 8 1.62 13.25 0.00 60.50
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 7 1.85 2.85 0.00 75.71
K1781 脳血管内手術(1箇所) 5 0.80 6.40 0.00 68.20
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 4 2.25 25.75 0.01 66.25
 当院は高齢者の慢性硬膜下血腫症例が多く、当科の中で最も手術症例数が多い疾患となっている。高齢者のADLが入院により低下しないよう、日帰りまたは1泊2日の手術を行っており、成績もよい。
整形外科、当科とも、頸椎、腰椎変性疾患の手術も積極的に行っている。
脳動脈瘤や頸動脈狭窄の症例が、毎月1-2例はあり、その症例に対する脳血管内手術も積極的に行っている。手術室で行う通常の手術に比べ、高齢者であっても体への負担を少なくできる。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔用下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える 29 3.10 11.37 0.00 66.86
K5131 胸腔用下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 22 4.40 6.31 0.00 37.09
K514-21 胸腔用下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 7 1.85 8.42 0.01 60.57
K5132 胸腔用下肺切除術(その他) 2 5.00 7.00 0.00 75.00
 当院では肺癌診療が中心となりますが、以前までは開胸手術で行い、手術侵襲も大きく、痛みも強かったのですが、現在は胸腔鏡を用いた痛みの少ない手術が可能となっております。ほとんどの肺がん手術で胸腔鏡下手術を行っています。そのために手術後の痛みも少なく回復も早くなっております。また当院では手術以外の、化学療法、放射線治療、緩和ケア医療と、すべての治療が可能であり、最適な治療を提供していきたいと思います。肺癌以外の治療でも気胸等、当然ながら胸腔鏡下手術を行っております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K861 子宮内膜掻爬術 50 0.08 0.32 0.00 49.29
K8982 帝王切開(選択帝王切開) 37 5.35 8.37 0.00 33.02
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 29 1.68 5.17 0.00 49.00
K877 子宮全摘出 28 3.75 8.82 0.00 53.42
K8981 帝王切開(緊急帝王切開) 25 1.20 8.32 0.00 29.12
  当院では婦人科腫瘍専門医を核としたチーム医療により治療を行っています。
 婦人科診療は、地域のがん拠点病院であり、また地域唯一の婦人科手術を手掛ける病院として、婦人科腫瘍性疾患(良性腫瘍:子宮筋腫・卵巣嚢腫など、悪性腫瘍:子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんなど)を中心に、子宮、卵巣、腟・外陰部の疾患を幅広く診療しています。
 当院の特徴としては、通常の開腹手術に加えて、腟式手術(おなかを切らない手術)、腹腔鏡手術・子宮鏡手術(内視鏡カメラを用いた手術)といった様々な術式を選択できることです。
 良性卵巣腫瘍に関しては9割以上の方々を腹腔鏡手術で行っております。
 子宮筋腫などの良性疾患に対する子宮全摘術については、より低侵襲な腟式手術、腹腔鏡手術を症例により選択していただけます。
 悪性腫瘍(子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん)等の治療については、手術療法、化学療法、放射線療法、緩和治療に対応しており、集学的治療が行える体制となっております。
 診療内容によっては、婦人科腫瘍専門施設と連携し、紹介や併診を行うことがあります。
 挙児希望の方に対する不妊治療では、ホルモンバランスの検査をはじめ、タイミング療法、人工授精、子宮卵管造影検査、排卵誘発等の一般的治療は行っておりますが、体外受精などの専門的治療は行っておりません。
 必要・ご希望の方には、滋賀医科大学附属病院の生殖医療センターや県内の生殖医療専門施設等をご紹介させていただいております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 463 1.85 3.26 0.01 72.28
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 24 2.75 6.83 0.00 69.00
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 7 2.28 6.00 0.00 76.14
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) 7 0.00 1.00 0.00 75.57
K281 増殖性硝子体網膜症手術 3 1.33 12.00 0.00 42.33
 当院では、全例で入院して頂き、白内障手術をメインに年間500件程度の手術を施行しています。また、硝子体手術に関しては、大学から非常勤講師に来て頂き、網膜剥離などの緊急疾患を除いた黄斑円孔や網膜前膜を中心に手術を施行しています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 22 0.95 6.68 0.00 22.54
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 17 1.00 2.35 0.00 51.23
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 9 1.22 6.44 0.00 51.44
K4641 副甲状腺(上皮小体)腺腫過形成手術(副甲状腺摘出術) 7 7.85 8.14 0.00 67.28
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 4 1.00 0.75 0.00 4.00
 当科では頭頚部領域の各種手術治療を積極的に行っています。
前年度で最多であったものは口蓋扁桃摘出術で、これは慢性扁桃炎の根治治療としてだけでなく、小児の睡眠時無呼吸症候群や難治性の惨出性中耳炎や、扁桃病巣感染症である掌蹠膿疱症やIgA腎症に対する治療としても施行しています。対象疾患が多岐にわたる結果手術総数としては最多になっています。
次いで掲載されているものは鼻の内視鏡手術です。こちらは、内服等の保存的治療に抵抗性の慢性副鼻腔炎に対する根治治療としての内視鏡下副鼻腔手術を基本として、鼻閉に対する鼻中隔矯正術・下鼻甲介手術、難治性のアレルギー'性鼻炎に対する後鼻神経切断術など、多彩な術式を行っています。
その他、ここにある喉頭腫瘍に対する手術のほか、甲状腺腫瘍、唾液腺腫瘍など、頭頸部腫瘍の手術も良性から悪性まで様々な術式を行っています。悪性腫瘍で、再建手術を要するような拡大手術が必要な場合は、滋賀医大をはじめとする高次医療機関に紹介しています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 13 1.46 8.46 0.00 78.07
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満 6 0.83 3.00 0.00 52.00
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 3 1.00 4.00 0.00 54.66
  皮膚科の手術の多くは外来での手術が多く、入院での手術はあまり多くありません。
 腫瘍が大きい場合や、悪性の腫瘍で大きめに切除が必要となるものがあり、その際は入院の上、切除後に植皮や皮弁(周辺を追加で切って皮膚をずらして欠損部をうめる処置)をさせていただいています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質液利用) 51 2.54 6.45 0.01 74.25
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 46 0.36 2.30 0.00 57.47
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質液利用) 20 1.40 8.45 0.00 71.00
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 15 1.20 23.66 0.02 77.73
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 14 4.00 12.71 0.00 73.42
 高齢化人口の増加とともに、排尿障害を自覚する男性人口も増加しております。その主な原因として前立腺肥大症があります。当科では、積極的に前立腺肥大症に対する内視鏡治療(経尿道的前立腺切除術)を施行することにより、排尿障害の改善を図るとともに、薬物治療が必要なくなる有用性を示しております。
腎臓・副腎の癌・腫瘍の手術に対しては、主に腹腔鏡下手術で対応しております。日本泌尿器科学会が認定する泌尿器腹腔鏡手術技術認定医も在籍して、年間10-15件の腹腔鏡手術を施行しております。
食生活の西欧化、気候の温暖化に伴い、日本人の約10%が尿路結石に催患します。当科では、自然に排石が困難な患者さんには、まず体外衝撃波結石破砕術(ESWL)で対応し、患者さんへの負担が少ない治療を心がけております。しかし、砕石効果が十分に得られず、内視鏡手術に治療移行する患者さんも一部おられます。
膀胱癌に対する手術治療として表在性膀胱癌(筋層非浸潤癌)には、内視鏡治療である経尿道的膀胱腫瘍切除術、浸潤性膀胱癌(筋層浸潤癌)に対しては、膀胱をすべて摘除し尿路変向術を追加する根治的膀胱全摘除術が適応となります。当科では、年間約60件の内視鏡治療を行っております。また、尿路変向術として、患者さんに対する侵襲が最も低い一側並列尿管皮膚瘻術の有効性を論文として報告しております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.01
異なる 11 0.16
180010 敗血症 同一 30 0.43
異なる 13 0.18
180035 その他の真菌感染症 同一 2 0.02
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 16 0.23
異なる 0 0.00
これらの指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとされています。入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)と同一性の有無を区別してその症例数と発生率を示しています。

① 播種性血管内凝固症候群(DIC)とは、さまざまな重症の基礎疾患のために過剰な血液凝固反応の活性化が生じるために生体内の抗血栓性の制御能が十分でなくなり、全身の細小血管内で微小血栓が多発してしまい、全身に臓器不全、出血傾向のみられる予後不良の病態です。

② 敗血症とは、肺炎や腎孟腎炎など、生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、全身に重篤な症状を引き起こす病態です。敗血症からさらに播種性血管内凝固症候群(DIC)を生じることもあります。

③ 真菌感染症とは一般にカビ・酵母と呼ばれているものによって引き起こされる感染症のことで、近年の易感染者の増加により日和見(日和見)感染症として重要な地位をしめています。

④手術・処置等の合併症とは外科的手術や内科的ケアの際に生じた合併症と考えられるものです。麻酔や注射、輸血、血液透析、薬物投与等の際の合併症も含んでいます。それらには医学的に不可避なものも含まれていますがゼロにするように努力すべきものと考えています。
更新履歴