ご来院の方へ

HOME > ご来院の方へ > 消化器内科(消化器センター)

診療科・セクション

外来診療担当割

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 南部
山下
山本
上田
南部(予約制)
八木
中浦
八木
中村
三好

消化器内科(消化器センター)

はじめに

胃・腸・胆嚢・胆管・膵臓・肝臓を含め消化器領域のあらゆる疾患に対応しています。消化器専門医・指導医の下にスタッフ全員が進歩する医療に対して同レベルで医療を提供できるようにチーム医療を行っています。入院では部長を主軸とした、2チームでの診療体制とし、治療方針などを検討しスタッフ全員の総意で診療を進めていきます。主治医のみでの診療ではなく、チーム医療の実践により、患者さんの目線に立った医療を提供できるように心掛けております。これにより休日においても常に担当医の診察を受ける事ができます。また緊急疾患の多い消化器疾患領域においても24時間体制での救急医療にも対応できるようにしております。

   

スタッフ紹介

南部 卓三
副院長
診療部長
昭和59年卒業
専門分野 消化器内科全般、栄養
認定医 日本内科学会認定内科医
日本静脈経腸栄養学会認定医
専門医 日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
指導医 日本内科学会指導医
日本消化器病学会指導医
その他 医学博士
指導医養成講習会受講済
インフェクションコントロールドクター
滋賀県がん診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会修了

 

八木 勇紀  
内科部長 平成12年卒業
専門分野 上下部内視鏡診断・治療、胆膵内視鏡、肝疾患
認定医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
専門医 日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本内科学会専門医
指導医 日本内科学会指導医 
日本胆道学会認定指導医
その他 指導医養成講習会受講済
医学博士
滋賀県がん治療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会修了

 

三好 薫人  
内科医長 平成20年卒業
専門分野 消化器疾患、胆・膵疾患、内視鏡治療 
認定医 日本内科学会認定内科医
専門医 日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
指導医  
その他 滋賀県がん診療緩和ケアに携わる医師等に対する研修会修了
滋賀医科大学医師臨床研修指導医講習会修了 

 

山本 剛司  
内科医員 平成20年卒業
専門分野 消化器内科
認定医  
専門医  
指導医  
その他 滋賀県がん診療緩和ケアに携わる医師等に対する研修会修了
臨床研修指導医講習会修了

 

中浦 玄也  
内科医員 平成24年卒業
専門分野 消化器内科全般
認定医 日本内科学会認定内科医
専門医 日本消化器病学会専門医 
指導医  
その他 日本DMAT隊員
滋賀県がん診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会修了

 

中村 一貴  
内科医員 平成24年卒業
専門分野 消化器内科
認定医 日本内科学会認定内科医
専門医 日本消化器病学会専門医
指導医  
その他 滋賀県がん診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会修了

 

山下 典亮  
内科医員 平成25年卒業
専門分野 消化器内科
認定医 日本内科学会認定内科医
専門医  
指導医  
その他  

 

上田 啓介  
内科医員 平成27年卒業
専門分野 消化器内科
認定医  
専門医  
指導医  
その他 がん診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会修了
Total Nutrition Therapy研修会終了

 

主な治療実績(平成25年度)

  • 内視鏡による腫瘍の切除  223件
  • 内視鏡による胆道結石除去 211件

特に力を入れている疾患

食道・胃・大腸・胆道・膵・肝の腫瘍、胆道結石症

胆膵疾患

かねてより甲賀地域では胆石疾患が多く、内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)・超音波内視鏡(EUS)などによる胆膵疾患の診断、胆管結
石除去術や胆管・消化管ステント留置術などの標準的な内視鏡手術を行っております。胆膵関連処置(ERCP関連、EUS関連、経皮関連)の治療件数は毎年約300例以上あり、滋賀県内でも有数の症例数を誇っております。

胆管:肝臓で作られた胆汁の通り道です。胆管は十二指腸に開口し、胆汁はそこで食べ物と混ざり合い、脂肪の分解・吸収を行います。
胆嚢:胆管にぶらさがっている袋状の臓器です。胆汁の貯蔵庫として働いています。
膵臓:胃の裏側にあり、様々がホルモンや消化酵素を出しています。
胆石:胆石(たんせき)とは、胆嚢(たんのう)や胆管(たんかん)にできる結石(石)です。結石のできる場所によって、胆嚢結石、総胆管結石、肝内結石に分類され、それぞれ症状、治療法が異なります。
胆嚢結石:一般的に胆石といえば胆嚢結石のことを指します。人間ドックや健診などで腹部エコー検査を施行すると5-10%程度の方に認められます。胆嚢結石を持っている方のうち、実際に結石が何らかの病気を引き起こすのは2割程度と言われており、何も起こらない場合が多いため、胆嚢結石があるだけでは腹部エコーでの経過観察で十分な事が多いです。 以下に結石によっておこる一部の疾患について解説します。

【急性胆嚢炎】
 結石が出口に嵌っている状態が続くと、胆嚢内に細菌感染を起こすことがあります。急性胆嚢炎と呼ばれる状態で、右上腹部痛、高熱を認めます。急性胆嚢炎は、放置すれば敗血症から死に至ることもあり、すみやかに治療を開始する必要があります。
急性胆嚢炎は病状の程度を評価したうえで治療方針を決定します。絶食、点滴、抗生剤等にて治療可能なものから、胆嚢摘出術による緊急手術まで必要な場合もあります。当科では内科的治療(胆嚢ドレナージ術=胆嚢内の膿を出す処置)を行い、その後可能であれば胆嚢摘出術を考慮します。当科で行っている胆嚢ドレナージ術としては、皮膚から針を刺す事による経皮経肝胆嚢ドレナージ術(PTGBD)や近年では高度な技術を要する内視鏡的胆嚢ドレナージ(EGD)も実施しており、患者さんの病態に合わせて最善のドレナージ方法を選択しております。
総胆管結石:胆嚢からの落石や総胆管内に結石ができた場合総胆管結石という病名に代わります。これにより胆汁に感染を起こすと急性胆管炎を発症します。

【急性胆管炎】
 結石により胆管が閉塞し、胆汁が十二指腸に流出できなくなると、腹痛や黄疸が出てきます。さらに胆汁に細菌感染が起きると急性胆管炎を発症し、高熱が出ます。急性胆管炎は、未治療で放置した場合、数時間で敗血症性ショックから死にいたることもある緊急疾患です。早期に胆管ドレナージ(胆管閉塞の解除)を行い、胆管閉塞を解除する必要があります。胆管ドレナージの方法としては、内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)が第一選択となりますが、症例によっては経皮経肝胆管ドレナージ術(PTBD)を選択することもあります。

【胆石性膵炎】
 結石により膵管が閉塞し、急性膵炎を起こすことがあります。保存的治療が可能なものから、緊急で内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)による胆管ドレナージを必要とすることがあります。
胆管炎や膵炎がある程度落ち着いてから、内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)による内視鏡的胆管結石除去術を行います。胆嚢結石と違い、総胆管結石の場合には無症候性であっても、内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)による結石除去の適応となります。

消化管疾患

近年消化器癌だけではなく、あらゆる癌に対して早期発見、早期治療の重要性が言われています。当院でも早期消化管癌の早期発見を目指し、日々多くの胃カメラ、大腸カメラを実施しています。発見された癌に対しカンファレンスを行い、個々の症例を検討する事で治療方針を決定します。内視鏡治療の困難な消化器癌に関しては、術前の検査を行い手術可能であれば外科へ紹介し、手術困難と判断されれば化学療法、放射線治療等を実施しております。内視鏡治療が可能と判断した症例に関しては、当科にて患者さんへの負担の少ない内視鏡治療を実施しております。

【早期食道がん】
 早期食道がんは無症状であることが多く、病変の早期発見のためには上部消化管内視鏡検査が大変重要です。当院では通常内視鏡観察に加えて内視鏡画像強調システム(NBI:narrow band imaging)を用いた拡大内視鏡観察(経口カメラのみ)やルゴール染色を用いた病変の早期発見に努めております。早期食道がん病変に対しては、治療適応と判断されれば内視鏡治療であるESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を施行しています。

【早期胃癌】
 ガイドラインでは「2cm以下で潰瘍のない分化型粘膜内がん」が内視鏡治療の適応内病変となりますが、適応拡大病変として「2cm以上で潰瘍のない分化型、粘膜内がん」・「3cm 以下で潰瘍のある分化型、粘膜内がん」・「2cm 以下で潰瘍のない未分化型、粘膜内がん」は内視鏡治療(ESD)を施行しています。

【早期大腸癌、大腸ポリープ】
 近年大腸ポリープ・がん病変の頻度は増加しています。早期発見のためには大腸内視鏡検査が重要です。通常のポリープであれば原則1泊2日の入院で、内視鏡治療(EMR/ポリペクトミー)を行っています。LST(側方発育型腫瘍)を含めた大きな病変に対しては拡大内視鏡観察を併用することで内視鏡治療の適応を十分に見極め上で、内視鏡治療(ESD/EMR)を施行しています。

*ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)
内視鏡的に使用可能な高周波ナイフを用いて粘膜下層レベルで病変を剥がし取る治療手技です。大きな病変であっても病変を一括切除することができるため、内視鏡治療によりがんの治癒が得られているか、追加治療の必要性がないか正確な病理診断を得ることが可能となります。

【実際の治療】
外来受診時・また入院後に治療の詳細(治療手順・合併症等)に関して担当医より説明致します。

治療手順: ①病変範囲の確認
  ②マーキング(病変周囲にマークを付け、病変の切除範囲を決定) 
  ③周辺切開(マーキング部位の外側をナイフで切開) 
  ④剥離(粘膜下層をナイフで剥離
  ⑤切除後検体を病理診断(内視鏡治療で治癒が得られているか顕微鏡レベルで精査)

食道ESD症例


胃ESD症例


大腸ESD症例

 

主な治療実績

 

関連情報

外来診療担当割

外来診療担当割

受付時間は平日 午前8時~午前11時30分です。受診科や曜日によって時間が異なる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

  • 外来診療担当割
  • セカンドオピニオン
  • 採用情報