ご来院の方へ

HOME > ご来院の方へ > 糖尿病・内分泌内科(糖尿病・内分泌センター)

診療科・セクション

外来診療担当割

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
大村
岡田(午前中のみ)
楠井 大村
楠井(午前中のみ)
福山 大村
岡田(午前中のみ)

※緊急を要する疾患に関してはこの限りではありません。

糖尿病・内分泌内科(糖尿病・内分泌センター)

 2型糖尿病を中心に、1型糖尿病、糖尿病合併妊娠、小児糖尿病などあらゆる病態に対応しています。

 生活習慣病の代表になったともいえる糖尿病は、自己管理が重要になります。

 外来では、生活習慣の中でどのように糖尿病と付き合っていくか、それぞれの患者さんに適切な診察やアドバイスをおこない、また、糖尿病の患者会である甲賀会を通じて啓蒙活動を行っています。
 更に、月に一度外来糖尿病教室も行っております(詳細はこちらからご覧いただけます)。

 入院では医師および19名の糖尿病療養指導士(CDE)を中心としたチーム医療を行なっております。

 2週間の教育入院期間中には1日1時間程度の講義や実習が組まれており、机上講義だけでなく年齢・身体状況に合わせた運動の実践、インスリン自己注射、血糖自己測定の訓練、バイキング方式の食事会、フットケア指導のような実践的教育も取り入れています。

 糖尿病腎症も早期アルブミン尿期より積極的な介入を行うことにより、腎臓内科と連携して腎機能の保持に努めております。

内分泌疾患

 甲状腺疾患、下垂体疾患、副腎疾患などの各疾患に対応しています。
 各種負荷テストも実施しています。

当診療科のアピール

○2週間の糖尿病教育入院に加えて、平成22年4月より眼科、歯科診察を含めた合併症チェックのための糖尿病特別外来(紹介予約制・1名のみ)を毎週木曜日に開催しています。
○糖尿病療養指導士のスタッフを中心にフットケア・療養指導にも力を入れています。
○甲賀湖南糖尿病研究会を中心に各開業医の先生と連携を深めています。
○平成22年4月からは、糖尿病の地域連携パスを医師会・保健所のご協力の中スタートさせています。
○平成29年4月から日本糖尿病学会認定教育施設Ⅰに認定されました。
○CGM(持続血糖モニター)を用いた検査も可能です。
○外科系入院患者の術前後の厳格な血糖コントロールにも努めています。
放射線科耳鼻いんこう科脳神経外科泌尿器科産婦人科などとも連携し、甲状腺、副甲状腺、下垂体、副腎性腺疾患の診断・治療にも積極的に取り組んでいます。

スタッフ紹介

医師
大村 寧  

内科部長
糖尿病・内分泌センター長
平成13年卒業

専門分野 糖尿病、内分泌
認定医 日本内科学会認定医
専門医 日本糖尿病学会専門医
日本内分泌学会内分泌代謝科(内科)専門医
日本内科学会総合内科専門医
指導医

日本糖尿病学会研修指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科指導医

その他 医学博士
指導医養成講習会受講済
日本静脈経腸栄養学会TNT(Total nutrional therapy)研修修了済
日本医師会認定産業医

 

 

 

岡田 貴司
 
内科医長 平成20年卒業
専門分野 糖尿病、内分泌
認定医 日本内科学会認定医
専門医 日本糖尿病学会専門医
指導医  
その他  

 

福山 佳代  
内科医員 平成22年卒業
専門分野 糖尿病、内分泌
認定医 日本内科学会認定医
専門医  
指導医  
その他  

 

楠井 進之介  
内科医員 平成26年卒業
専門分野 糖尿病、内分泌
認定医  
専門医  
指導医  
その他  

 

 

 

糖尿病療養指導士(平成29年5月1日現在)

看護師 10名(藤本雅子、吉田良美、嶋村美知代、山元あす香、中嶋沙東子、井上裕美子、山田由香、小川広美、青木千亜希、廣岡夏織)

薬剤師 2名(林健一郎、小梶良太)

理学療法士 5名(西村謙太郎、山添徹、中島三香子、今宿万里江、井上将太)

管理栄養士 2名(中井美加、長尾彩香)

主な治療実績(平成28年度)

・(糖尿病を主病名とする)総入院数 175名(うち教育入院96件)

・糖尿病外来患者数 2,042名
※経口血糖降下薬もしくはインスリンを処方されている患者数
※食事運動療法のみの患者は除く

特に力を入れている分野

糖尿病の療養指導

外来診療担当割

外来診療担当割

受付時間は平日 午前8時~午前11時30分です。受診科や曜日によって時間が異なる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

  • 外来診療担当割
  • セカンドオピニオン
  • 採用情報