ご来院の方へ

HOME > ご来院の方へ > 皮膚科

診療科・セクション

外来診療担当割

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1診 山本 米田 山本

手術・処置日
のため休診

米田
2診 米田(予約制) 山本(予約制) 米田(予約制) 山本(予約制)
午後   山本
(学生の予約のみ)
(16~17時)
  レーザー治療
(予約制)
レーザー治療
(予約制)

・第2水曜午前:田中医師診察あり
・第4火曜・第4木曜:加藤医師診察あり(予約制)

皮膚科

 皮膚は、内臓や筋肉など体の内部を守る、いわば城壁のようなものです。
 また、発汗による体温の調節や、外界からの刺激を痛覚や温覚などとして受け取る感覚器の役割もあります。
 このような重要な機能がある皮膚にはさまざまな疾患があります。

 アトピー性皮膚炎などの湿疹・皮膚炎群、乾癬などの炎症性角化症、天庖・類天疱瘡などの自己免疫性水疱症、薬疹、白癬やヘルペスなどの感染症に加えて種々の良性・悪性の皮膚腫瘍など多岐にわたります。

 これらの疾患を幅広く診療していますが、その中から皮膚がんについて解説します。
 一口に皮膚がんといっても比較的早期の表皮内がんや悪性度の低い基底細胞がんといったものから極めて悪性度の高い悪性黒色腫、長い年月をかけて徐々に進行する菌状息肉症(皮膚の悪性リンパ腫の一種)などいろいろなものがあります。

 悪性度の低いものは、簡単な手術で完全に治癒させることが可能ですが、進行性のものは他のがんと同様にリンパ節や内臓に転移を来たして生命を脅かすことになります。
 したがって皮膚がんも早期発見・早期治療が重要です。

 皮膚疾患は内臓の病気と違って誰にでも見えるわけですから、早期発見ができます。
 一番悪性度の高い悪性黒色腫ですら、ごく早期であれば治すことが可能です。しかし、実際は早期発見しながら、「痛くも痒くもないので放っておいた」とか「イボコロリをずっと貼っていた」という話をよく聞きます。
 また、一見湿疹やタムシにしか見えないようなものもあり、「薬局でタムシの薬を買ってつけていた」という場合もあります。

 そのうち進行してしまって治療に難渋することがないように、皮膚に何か発見したらまずは一度皮膚科を受診してみてください。

スタッフ紹介

山本 文平
皮膚科部長 平成12年卒業
専門分野 アレルギー性皮膚疾患、皮膚真菌症
認定医  
専門医 日本皮膚科学会専門医
指導医  
その他 指導医養成講習会受講済
滋賀県がん診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会修了

 

米田 健祐
皮膚科医員 平成23年卒業
専門分野 皮膚科全般
認定医  
専門医  
指導医  
その他  

 

得意分野と対象疾患

  • 湿疹、皮膚炎(アトピー性皮膚炎など)、皮膚腫瘍(良性、悪性)
  • 炎症性角化症(尋常性乾癬など)、皮膚感染症(細菌、真菌、ウィルス)

主な治療実績(平成25年度)

手術 192件(悪性腫瘍29件、良性腫瘍163件)

特に力を入れている分野

  • 皮膚腫瘍の局所麻酔による手術(外来手術、入院手術)
  • 炭酸ガスレーザーによる皮膚良性腫瘍の治療

外来診療担当割

外来診療担当割

受付時間は平日 午前8時~午前11時30分です。受診科や曜日によって時間が異なる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

  • 外来診療担当割
  • セカンドオピニオン
  • 採用情報