ご来院の方へ

HOME > ご来院の方へ > 臨床検査課

診療科・セクション

臨床検査課

臨床検査課は病院2階にあり、24時間体制で検査業務を行っています。

検査には、大きく分けて血液や尿を材料とする検体検査と直接患者さんからの生体情報を検査する生理機能検査に分けられます。

検体検査部門では、生化学検査・血液検査・一般検査・輸血検査・細菌検査・病理細胞診検査にわかれて、患者さんの血液や尿中の成分を、最新の分析装置と熟練した検査技師により分析を行い、肝臓や腎臓等の内臓器官の疾患・血液疾患や感染症等を調べています。
また、分析した結果のほとんどは、次回診察日には担当医師の元へ届けられております。

生理機能検査部門では、循環機能検査・呼吸機能検査・神経筋機能検査・脳波検査・平衡機能検査にわかれて、心電図、脳波、呼吸機能などを調べることにより、それぞれの臓器の機能が検査されます。
専門教育を受けた熟練検査技師が担当しておりますので、安心して検査をお受け下さい。
また、生理機能検査の中には予約制となっている検査もあります。

私たち臨床検査課は、医師に迅速かつ正確なデ-タを提供し、皆様の健康維持に貢献できるよう絶えず研鑽しております。

 

臨床検査のご紹介

検体検査
1.生化学検査

人の臓器はいろいろな機能を有する数多くの細胞で構成されています。
それらが障害を受けたとき、細胞が破壊され。その臓器特有の物質が血中、尿中に流出し健康なときの値(正常値)から大きくはずれます。
そのため、血液や尿等を分析することにより肝臓病、腎臓病、心臓病などの診断、治療効果、病態の程度、予後の判定、健康状態などが検査デ-タを見ることにより確実に知ることができます。

 

2.血液検査

血液検査室では、白血球や赤血球、血小板などの細胞成分の「量」や「質」を調べています。
また、血液には凝固する性質があり、その仕組みに異常がないかどうか等の検査もしています。

 

3.一般検査

尿は健康のバロメ-タ-です。
尿の大きな目的は、体内の老廃物を体外に出すことです。
尿中に排出された糖や蛋白そして尿潜血等を検査しています。
また、便中の寄生虫や大腸ガン検診の一つとして便潜血も検査しています。

 

4.輸血検査

輸血の必要な患者さんに副作用なく安全かつ適正な輸血療法が行われるよう検査し、また、血液製剤管理、血液製剤供給を一元化して行っています。

 

5.細菌検査

細菌検査室では、食中毒(O-157・サルモネラ・腸炎ビブリオなど)や化膿・炎症などを起こしておられる患者さんの検査材料(尿・便・喀痰・血液・膿など)の培養を行い、原因微生物を特定し、その菌に効く薬剤(抗生物質)を調べています。

 

6.病理細胞診検査
  • 組織学的検査は人体より採取した組織について病気の診断を行うことを目的とした検査です。
  • 細胞診検査は人体より採取した細胞から主に癌の発見を目的として行う検査です。
  • 迅速病理検査は手術中に採取した組織を迅速に処理し組織学検査を行うもので、特に悪性腫瘍が疑われる場合の検査です。
  • 病理解剖は死亡された方について、病気と死亡の因果関係を明らかにするために行います。

 

生理機能検査
1.循環機能検査
  1. 心電図:心臓が動く時に出る電気を増幅し、波形として記録します。不整脈や心筋の状態を診る為の検査です。
  2. 心エコ-:心臓の動きを超音波を使って観察します。心筋の厚さや動き、弁の状態を観るための検査です。

 

関連情報

外来診療担当割

外来診療担当割

受付時間は平日 午前8時~午前11時30分です。受診科や曜日によって時間が異なる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

  • 外来診療担当割
  • セカンドオピニオン
  • 採用情報