ご来院の方へ

HOME > ご来院の方へ > 感染制御部

診療科・セクション

感染制御部

 公立甲賀病院は、入院された患者さんやそのご家族、また病院職員を感染症や病原体から守り、院内感染の発生を最小限に抑えることを目的に、2014年4月に「感染制御部」を設置し、感染管理の専従や専任スタッフを配置して、日々、感染防止活動に取り組んでいます。
 医療の高度化、複雑化に加え、多剤耐性菌の出現などにより、院内感染のリスクは増していますが、できるだけ低減させ、患者さんが安心して治療が受けられる療養環境と職員が健康に働ける職場環境の提供を目指します。

院内感染対策に関する取り決め事項

1.院内感染対策に関する基本的な考え方

 当院は感染症などの蔓延を防止し患者に安心で安全な医療を提供するため、院内で感染症などが発生した際には、速やかにその原因を特定し、制圧・終息を図ることが重要と考えています。
 そのため、院内感染防止対策を全職員が把握し、この指針に則した医療を患者に提供できるように努めます。

2.院内感染対策のための組織及び体制に関する基本的事項

 当院における感染防止対策を総合的に実施するために、感染防止に関する意思決定機関として、院内感染対策委員会を設置し、毎月1回の委員会を開催します。
 また、感染防止対策チーム(感染制御に関連する医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師で構成)を設置し、毎週1回の院内ラウンドと毎月2回のミーティングを開催します。

3.院内感染対策のための職員に対する研修に関する基本方針

 職員の感染防止対策に関する意識・知識・技術の向上を図るため、全職員に対して感染対策に関する研修会を年2回またはそれ以上開催します。

4.感染症の発生状況の報告に関する基本指針

 院内感染の発生の予防および蔓延防止のため、院内感染事例や薬剤耐性菌の検出状況、感染率に関するサーベイランス等の情報分析、評価を実施し、効果的な感染対策を実施します。

5.院内感染発生時の対応に関する基本方針

 感染症患者が一定基準を超えて発生した場合は、感染防止対策チーム主導により、速やかに発生原因を究明し、改善策を立案してアウトブレイクの終息を図ります。

6.患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

 この指針は、患者等に感染対策の理解と協力を得るため、院内掲示や当院ホームページに掲載し、積極的な閲覧の推進に努めます。

7.院内感染対策推進のための必要な基本方針

 院内感染防止推進のため、「院内感染対策マニュアル」を作成し、病院職員への周知徹底を図ると共に、マニュアルの見直し、改定を行います。

主な業務内容

院内感染発生状況の把握(サーベイランス)

 細菌検査室および病棟より報告される院内感染情報の把握と分析を行う。

院内感染防止対策

 部署のラウンドを行い、院内感染予防の観点から指摘や改善指導を行う。

院内感染症治療対策

 感染症に対する治療法の提言、細菌学的な助言や院内感染防止のための指導を行う。

教育、啓蒙

 院内感染対策に関して職員の教育や啓蒙および感染対策マニュアルやガイドラインを作成する。

委員会への報告

 実施した指導や提言の内容について、毎月委員会へ報告する。

外来診療担当割

外来診療担当割

受付時間は平日 午前8時~午前11時30分です。受診科や曜日によって時間が異なる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

  • 外来診療担当割
  • セカンドオピニオン
  • 採用情報