ご来院の方へ

HOME > ご来院の方へ > 診療支援課

診療科・セクション

診療支援課

医師支援

 当院では「医師事務作業補助者」を配置しております。

 医師事務作業補助者とは、国の方針に沿って、診療報酬制度の中で認められたもので、地域の急性期医療を担う病院において、病院勤務医の負担を軽減するため、医師の事務作業を補助する事務職員のことです。

 この職務に従事するためには、医療従事者として必要な基礎知識の取得のための32時間以上の研修を受けなければなりません。

研修の内容

 研修の主な内容は、

  • 医師法など医療関連法規・個人情報の保護
  • 医療安全
  • 医学一般知識
  • 薬の基礎知識
  • 各種医療文書
  • 診療録
  • 電子カルテ、オーダリングシステム

 などです。

 がん登録など、さらに担当業務に関連した専門知識や技能の取得も行います。

業務

 当院では、医師事務作業補助者は、外来や病棟、医局、診療支援課などにおいて、主に下記の業務を医師の指示の下に行っております。

  • 診断書など医療文書の作成補助
  • 診療記録(電子カルテ)への代行入力
  • 医療の質に資する事務作業(診療に関するデータ整理、院内がん登録等の統計・調査、医師の教育や臨床研修のカンファレンスのための準備作業など)
  • 行政上の業務(救急医療情報システムへの入力など)

 これらの業務は、医師が確認し「承認」をおこなうことで、安全性は確保されています。

 一方、国は、医師事務作業補助者が行えない業務も定めています。

  • 医師以外の職種(看護職員等)の指示の下に行う業務
  • 診療報酬の請求業務(医事課で行う業務)
  • 窓口・受付業務
  • 経営や運営のためのデータ収集業務
  • 看護業務の補助
  • 物品運搬業務

 などで、医師の支援以外に当たるような業務は行えません。

 医師事務作業補助者は、病院におけるチーム医療の一員として、医師不足や医師の激務が深刻化する中、少しでもその解消に向かうよう日々活躍しております。 

外来診療担当割

外来診療担当割

受付時間は平日 午前8時~午前11時30分です。受診科や曜日によって時間が異なる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

  • 外来診療担当割
  • セカンドオピニオン
  • 採用情報