公立甲賀病院について

HOME > ご来院の方へ > 入院・お見舞いのご案内 > 包括評価制度(DPC)について

入院・お見舞いのご案内

包括評価制度(DPC)について

新しい入院診療費の計算方法(DPC)について

公立甲賀病院は、平成21年4月1日より入院診療費が1日当たりの定額の点数を基本とした計算方法(包括評価制度:DPC)になります。

この新しい計算方法(包括評価制度:DPC)は、厚生労働省が定めた1日当たりの定額からなる包括部分(入院料、検査、注射、投薬料など)と、出来高部分(手術、指導料、リハビリなど)を合わせて計算する方法です。

滋賀県内では既に、滋賀医科大学附属病院、県立成人病センター、市立長浜病院、大津赤十字病院、済生会滋賀県病院、社会保険滋賀病院で実施されています。この包括評価制度(DPC)は厚生労働省により、医療の質の向上・標準化を目的に考案された医療制度改革の一つです。 公立甲賀病院も厚生労働省の医療制度改革に準拠し、平成21年4月1日以降に入院された患者さんから実施させていただきます。

包括評価制度(DPC)とは

「DPC」とは、病名や診断内容に応じて定められた診断群分類によって、1日当たりの定額の点数で入院診療費を計算する新しい方式です。

病棟位置図

  • ・従来の「出来高払い方式」による計算では、(検査)や(注射)などは決められた点数によって医療費が計算されていましたが、「DPC」による計算方式では、病名や処置などの内容に応じた1日当たりの定額の医療費を基本として「包括払い方式」の計算を行います。
  • ・手術などの医師の専門的な技術料については、これまで通りの「出来高払い方式」で医療費が計算され、入院にかかる費用は「包括払い方式」分と「出来高払い方式」分を合わせたものになります。
  • ・一部負担金の支払い方法や高額療養費の扱いは、従来と基本的に変わりはありません。ただし、入院後の症状や治療の内容によって診断群分類が変更になった場合には、医療費も変更されるため、退院時に差額調整を行う場合があります。
  • ・患者さんの病名や治療内容によって包括評価の対象にならない場合は、従来通りの「出来高払い方式」になります。
  • ・患者さんへの請求は、従来の月2回の定期請求及び退院時から、月1回の定期請求(月末締め)及び退院時へと変わりますので、ご了承ください。 また、入院前に「診療費限度額認定証」の交付を受けられることをお勧めします。

包括評価制度(DPC)のQ&A

ページの先頭へ

Q1従来の出来高制度と比べて、新しい包括評価制度(DPC)では、支払いは高くなるのですか?
A新しい包括評価制度(DPC)では、入院している間の病名によって、1日当たりの入院診療費が決まります。従って従来の出来高制度と比べて病名により、高くなる場合もあれば、安くなる場合もあります。
Q2長期間入院しても、1日当たりの入院診療費は同じですか?
A1日当たりの入院診療費は、入院中の病名によって3段階に区分されていて、入院が長くなるほど1日当たりの入院診療費は安くなります。また入院が長期にわたり、病名ごとに定められた入院日数を超えてしまうと、出来高制度による計算になります。
Q3 新しい包括評価制度(DPC)では、病名によって入院診療費が決まるということですが、入院中に新たに別の病気が見つかって、治療した場合はどうなるのですか?
A新しい包括評価制度(DPC)での請求の場合、病名は1回の入院で1つだけとなります。その病名は入院期間中に最も医療資源が使われたもので、退院時に決定されます。ですから2ヶ月以上にまたがって入院された場合、退院時に前月までとは異なる病名に変更されることもあります。その場合は、入院初日に遡って退院時の病名で入院診療費の計算をやり直すことになります。
Q4入院費の請求方法は変わりますか?
A患者さんへの請求は、従来の月2回の定期請求及び退院時請求から、月1回の定期請求(月末締め)及び退院時請求へと変わります。 入院前に「診療費限度額認定証」の交付を受けられることをお勧めします。
Q5すべての患者さんが、この新しい包括評価制度(DPC)の対象になるのですか?
A新しい包括評価制度(DPC)に該当する病気であると、主治医が判断した場合に対象となります。患者さんのご病気が、この制度の対象外である場合や、お産・公務災害・労働災害・交通事故などの自由診療で入院された場合は、この制度の対象外で、従来の出来高制度による計算になります。
Q6早く退院させられることはありませんか?
A入院・退院の判断は、医師が医学上の判断に基づいて行いますので、医療の必要があるにも関わらず、早く退院をお願いすることはありません。