公立甲賀病院について

HOME > 公立甲賀病院について > ごあいさつ

ごあいさつ

院長 辻󠄀川 知之

地方独立行政法人公立甲賀病院 理事長
公立甲賀病院 院長
辻󠄀川 知之

 地方独立行政法人公立甲賀病院のホームページを閲覧いただき有難うございます。
 2020年4月1日より院長に就任しました辻󠄀川知之です。
 当院は今年で創立81年目を迎えます。これまで甲賀市・湖南市の皆様に支えられ、地域に根差した病院として親子3世代以上にわたりご利用いただいていることと存じます。
 さて、これからも地域住民の公立甲賀病院であり続けるために最も重要なことは、「地域住民の医療ニーズにどれだけお応えできるか」と考えております。少子高齢化の加速化に伴い必要とされる医療サービスは年々変化しており、病院は常に新しい医療設備や機能を備えていかなければなりません。まず、ハード面で最も重要な病院施設ですが、当院は2013年4月に水口町鹿深から水口町松尾へ移転し、健診センター、集中治療室、緩和ケア病棟、回復期リハビリーテーション病棟、院内助産所、病児保育所などの新設とともに、十分な駐車スペースを有して新たに開院いたしました。これからも最新の医療機器など、必要に応じた導入を行ってまいります。また病院の機能面では甲賀保健医療圏域の中核病院としての役割を担うべく、地域がん診療病院、地域災害拠点病院、地域医療支援病院など公的施設に必要な指定を取得してまいりました。さらに、2019年4月からは経営形態が地方独立行政法人へと変更になりました。これにより甲賀市・湖南市の公的病院としての様々な医療サービスは従来通り維持しながら、民営的な要素である迅速な意思決定と患者ニーズへの柔軟かつきめの細かい対応が可能となりました。これからも皆様の要望に可能な限りお応えして、時代と地域に即した医療サービス改革を進める所存ですので、どうぞ忌憚のないご意見をお寄せください。
 なお2020年4月現在、新型コロナウイルス問題で日々状況が変化しており、地域住民の皆様も先行きが見通せない不安な日々を過ごされていることと存じます。公立甲賀病院は滋賀県や甲賀医療圏の感染状況に応じた医療体制を提供しながら、救急医療や小児医療など従来からの医療サービスを低下させることなく維持できるよう、職員一丸となって取り組んでまいります。これからも当院の理念である「個人の人格を尊重し、思いやりの心をもって信頼される全人的医療を実践する」ためにも地域の皆様から変わらぬご支援をお願いいたします。
 

外来診療担当割

外来診療担当割

受付時間は平日 午前8時~午前11時30分です。受診科や曜日によって時間が異なる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

  • 外来診療担当割
  • セカンドオピニオン
  • 採用情報